夜行バスのお役立ちグッズ

バス車内

夜行バスに乗る時に持っておくといいもの

夜行バスに乗る時にしっかり睡眠を取ることができれば、旅行も存分に楽しむことが出来ますよね。そんな時に使ってほしいお役立ちグッズを紹介します。まずは耳栓です。音がする時になって眠れないかたには必須のものですね。夜行バスには色んな年代の方が乗車しています。いびきが聞こえるかもしれないので、耳栓があると役立ちます。高速道路で周りの車やバイクの音もしますので敏感な方はなるべく用意しましょう。次はアイマスクです。夜行バスでは街頭の光が目に入ってくることがあるので暗いところで寝たいという方にはおすすめです。最近では蒸気が出て、目をほぐしてくれる商品もあるので試してみましょう。3つ目は首まくらです。夜行バスの椅子で寝ていると頭がグラグラして寝付けなかったり、首が痛くなってしまうのですが、首まくらがあれば防ぐことが出来ます。空気を入れてコンパクトにしまえるものもあります。寝心地を一番に考えるのであれば空気をいれるものよりもある程度硬さがあって頭を固定できるものがおすすめです。女性にはマスクもおすすめです。寝顔を見られるのが恥ずかしいという方も安心して眠れますし、万が一よだれが垂れても大丈夫です。夜行バスの中は空調がきいていて乾燥していることがあるので、喉が痛くなりやすい方にもおすすめですよ。寒がりの方には、ブランケットもおすすめですが、ほとんどの夜行バスについていることがほとんどです。上着を1枚余分に羽織って、寒い時にブランケット代わりにするのもいいですね。