夜行バスに乗る前に

バス外観

夜行バスは疲れるというイメージがあると思いますが、事前に準備をきっちりしておくことで最低限に疲れを抑えることができます。今回は夜行バスに乗車前の準備についてまとめていきます。まず、予約です。乗る座席によって夜行バスでの疲れはだいぶ変わってきます。人によって好みの座席は違いますが、窓側席は片側に寄りかかれるのでおすすめです。通路側は足を通路側まで出せるのでのびのび出来ます。早めに予約して、快適に過ごせるようにしましょう。席の種類が選べる夜行バスも出てきています。余裕のある3列シートや前後が広いシートなど、快適に過ごせるバスもあるので、利用してみましょう。耳栓やアイマスクなどのお役立ちグッズも準備しておくといいですね。次に当日、乗る前の準備ですが、早めにバス停に到着して、食事も済ませておきましょう。夜行バスの停車場所は多数のバス会社と一緒になっていることも多いので、出発ギリギリに行って迷ってしまうと乗り遅れに繋がりますし、余計に疲れてしまいます。余裕をもってバス停に向かうようにしましょう。出発時間の遅いバスですと、すぐ消灯になることもありますので、空腹のまま寝ないようにするためにも食事は済ませておくのがおすすめです。バスの中に持ち込む場合には他の乗客の迷惑にならないようにおにぎりやパンなど匂いのしない食べ物がいいですよ。疲れた旅行にしないためにも、万全の準備をして夜行バスを快適に過ごしましょう!